門前仲町で首や肩、足腰の痛みの改善に強い整体揉々。

整体揉々


私が整体師として生きる理由(わけ)⑤

kareha.JPG

最後の会社での5年間の後智慧

この5年の間に象徴的に表れていた出来事は、何だったろうか、、、。

私が入社して3か月経ったこ頃、社長が部長に「銀行の預金がなくなった、、、」と小声で告げていたことが耳に入ってきた。

入社後に知ることとなったのですが、この会社は、もともとバブル期以前に先代社長のもと蓄積した蓄えがあり、その蓄えを切り崩しながら生きながらえていた慢性的な赤字会社だったのです。

私の入社後3か月の時点で、その蓄えが全てなくなったということだったのです。

10年以上ずっと大きな赤字を垂れ流し続け、それを放置して何も改善しなかった、、、。

唖然、茫然というか信じられない気持ちと共に、訪れた気持ちは。

”またいつもの繰り返しだ。どうしてこうなってしまうのだろう、、、。“

”これは偶然なのか!しかし行く先々で、どうしてこんなにも逃げ出したくなるような試練がいつも降りかかるのか?”

”偶然にしては出来過ぎだ。神さまにとっては、これくらいのお膳立ては朝飯前なのか!“

と、こんな感じでした。

やがて、社員が一人一人減らされ、最後は最低限必要な人数にまで減り、私の入社当時よりも3分に1くらいまでリストラが続いたのです。

苦しい状況が少しづつ、しかし確実に深刻さを増してゆく。

今回は、5年を待たずに幕切れになるだろうという不安の中、私はいつどうなってもいいように土日は整体の学校に通い技術を磨き、学校を卒業したら土日は整体院でアルバイトをし経験値を増やして、着々と脱出の準備を進めていました。

そうすることが自分にとっては当然のことであり、疑問に思うことはありませんでした。

つぶれそうな会社に付き合って運命を共にしたって、そんなことに意味はない。

皆で力を合わせて乗り越えようとしても、たぶんダメだろう、、、。

それよりも先に生き延びる道を準備し、脱出する方がなんぼかましだ、、、。

現実の世界と平行して、私の心の中では、こんな思いが渦巻き強い信念となって私を突き動かしていたのです。

to be continued.






更新

<< 前の記事 次の記事 >>

整体揉々のご案内

住      所:
〒135-0034 東京都江東区永代2-36-14 パレット永代101
アクセス:
東西線・都営大江戸線 門前仲町駅 3番出口より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
03-6755-7944
受付時間:
10:00~21:00
定休日:
不定休(月3日程)

メールでのお問い合わせ


整体揉々の口コミをもっと見る

ページ上部へ