門前仲町で首や肩、足腰の痛みの改善に強い整体揉々。

門前仲町 整体揉々(もも)


膝痛でお悩みの皆様へ

shoujou5.JPGのサムネイル画像
膝痛でお悩みの患者様から寄せられるお悩みのトップ

  1. 膝が痛くなってから痛くなってから気軽に外出したしたり、人と会ったりするのgするのが億劫になって、毎日が楽しくないです。
  2. 買い物に行ったり家事で動き回るのが大変で、部屋の中も散らかり放題になって生活が乱れてきました。
  3. いつ痛みがひどくなるか分からないので、旅行に行くことも出来なくなりました。
  4. 今まで治療院や病院に何件も行って、注射をしたり電気を当てたりしてもらったのですが一向に良くなりません。何とかならないでしょうか。
  5. 歳とってから、膝の痛みで階段を上がるのが大変です。

膝痛が生じる原因は、どのようなものがあるでしょうか?

一般的に若年の方は、スポーツによって膝に継続的な大きな負担がかかり、膝に炎症が起きて痛みの原因となっていることが多いです。
それに対して中高年の方は、半月板や軟骨が損傷したりして変形性膝関節症が発症したり、加齢とともに体重が増加したりして、膝を支える周囲の筋肉が衰えて身体を支えきれなくなって、膝に偏った負荷が掛かることにより痛みが起きている場合があります。

上記の原因が身体にどのような影響を与えて膝痛を引き起こしているのでしょうか

【最も多いといわれている言われている変形性膝関節症の場合】
もともと膝の動きというものは、曲げる・伸ばすという二つの動作だけですが、この二つの動作以外の力が膝に加わったときに痛みが生じると考えます。
例えばO脚とかX脚のように膝に横方向の力が加わった場合が考えられます。横方向に力が加わる原因としては、膝の上下の関節、つまり股関節や足首の関節に問題があり、結果として膝関節に無理が生じるのです。
この場合、大腿と下腿の角度が本来の位置よりズレて、膝の内側または外側のみに荷重がかかり、接触面に痛みがでてしまうのです。
ですから股関節を調整して大腿の状態を整えたり、足首の関節を調整して下腿の状態を整えることにより、膝の痛みは改善します。

膝痛について一般的に知られていない事実

膝痛は患部だけに痛みの原因はなく、本当の原因は関連している周辺の筋肉にある場合が多いです。
全ての人に適応するわけではありませんが、膝の痛みは膝そのものに原因があるのではなく、その痛みがある部位とのつながりのある組織に原因がある場合がおおいのです。
例えば、お尻の筋肉が凝ってしまって、膝痛を引き起こしている場合もあるのです。
痛いからと言って、すぐに温熱療法や寒冷療法、電気に頼ったり、ヒアルロン酸注射をしたり、足底板、装具などを装着しても痛みが全く改善しなかったという声はよく聞かれます。
痛い箇所以外にある本当の原因を突き止めるための技術として、当院では、筋膜のつながりを利用した疼痛誘発動作という方法を取り入れています。

具体的に身体のどの部分をどのように施術するのでしょうか

当院では、痛みの原因を正確に突き止めるために、筋膜のつながりを利用した疼痛誘発動作という技術を使います。
まず、膝と関連のある筋膜のつながりを見てみましょう。
先ほど、股関節と足首関節の調整が大きなポイントと言いましたが、股関節を調整するためには、身体の側方にある筋膜ラインを使います。
(仙腸関節―大殿筋―大腿筋膜張筋―腸脛靭帯―前脛骨筋―腓骨筋)
足首関節を調整するためには、身体の前面深層部分にある筋膜ラインを使います。
(仙腸関節―大腰筋―膝内側―後脛骨筋)
疼痛誘発動作で原因筋を見つけたら、次は筋膜リリースによってその原因筋をゆるめて痛みを引き起こしていた原因を消してゆきます。
【疼痛誘発動作】
まず、どこに本当の原因があるのか突き止めないまま、当てずっぽうにいくらやっても外れる場合の方が多いでしょう。
やはり原因の箇所を特定するのが先決です。
当院では、疼痛誘発動作という技術を使って原因筋を特定します。この技術は筋膜のつながりを応用したものです。
まず、患者さんに痛みの出る動作をしてもらいます。
そして、原因だと思われる筋肉を予想し、その筋肉を一つ一つ押圧した状態でもう一度痛みの出る動作をしてもらい、痛みの度合いが変化したかどうか確認します。
もし痛みに変化が生じていたら、そこが原因筋だということです。これはどういうことかと言いますと、その原因筋の硬直した状態が筋膜を伝わって痛みを引き起こしていたと考え、押圧すると筋肉が一時的にニュートラルな状態になり、痛みが中和されるということです。
例)例えば、大殿筋を押圧した状態で痛みの出る動きをしてもらい、もし痛みが変化していれば、その大殿筋が原因筋だということです。
【筋膜リリース】
特定できた原因筋をゆるめるために、その筋肉の反射点を利用しますが、原因筋を指先で触れながら、もう片方の手で反射的に押圧刺激を加えたり振動刺激を加えます。そうすることにより、その刺激が筋膜を伝わって原因筋は効率よくゆるんでいき、結果的に痛みは改善してゆきます。
原因筋は一ヶ所だけでなく何ヶ所もありますが、最も大きく痛みが変化した場所から重点的にゆるめていくことで痛みが改善してゆきます。

施術後、どのような身体の変化が生じますか?

初回で痛みが半減する方もいらっしゃいます。
その後一週間くらいで筋肉が元の状態に戻ってしまい、痛みがぶり返すことがありますので、週に一回くらいのペースで5~6回通うことをお勧めします。身体の状態が完全に元に戻ってしまう前に、またいい状態に戻すことを繰り返すことによって、戻りを解消してゆきます。

門前仲町 整体揉々(もも)のご案内

住      所:
〒135-0034 東京都江東区永代2-36-14 パレット永代101
アクセス:
東西線・都営大江戸線 門前仲町駅 3番出口より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
03-6755-7944
受付時間:
10:00~21:00
定休日:
水曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ