門前仲町で首や肩、足腰の痛みの改善に強い整体揉々。

整体揉々(もも)


筋膜リリースと緩消法

先日スマホに、緩消法主催者からメルマガが届き、紹介の動画を流すというので視聴してみました。

以前にも緩消法のDVDは購入したことがあり、試したことはあったのですが、その時点ではまだピンと来なくてそのまま棚上げすることに。。。

ちょうどその頃、JPRさんの筋膜リリースにも取り組んでいたため、あまり風呂敷を広げ過ぎないように、まずは筋膜リリースだけに絞ろうとしたせいもありましたが。

そしてそれから二年過ぎ、久しぶりに動画を見たらピンとくるものがあり(笑)。

これイケるかも、と思いました。

筋膜リリースと緩消法、どちらにも理論的に共通部分が多く、今迄やってきた経験値から受け入れやすくなっていたのでしょう。

緩消法は、簡単にいうと、筋肉の中の緊張成分を輩出させて痛みを消す、という方法です。

緩めたい筋肉に指先を当て、その筋肉を伸縮させる運動を繰り返すと、筋肉の緊張成分が排出され無緊張状態になる。

痛みのある個所は筋肉が必ず収縮していて、この筋肉の緊張状態が痛みを引き起こしているという理論です。

一方筋膜リリースは、緩めたい筋肉の一点を指先で押し、筋膜のつながりを利用して離れた場所から押圧刺激を入れて緩めるという方法です。

両者の共通点は、離れた場所から刺激を入れ、指先の下で筋肉・筋膜の変化を感じるという“タッチの感覚”が重要になるという点。

もう一つは、痛みの本当の原因は筋肉の緊張状態にあるという視点。

異なる点は、緩消法にはエビデンスがあるという点でしょうか。

筋膜リリースを学んでいくうちに、痛みの本当の原因は筋肉にあるということは、経験値とともに確信に変わってゆきます。

軟骨のすり減りとか骨格の歪みとかが本当の原因ではないということは、多くの治療家さんたちは、実はよく分かってらっしゃる、、、。

ただ、自身の技術の未熟さによって、治しきれないという現実にも日々直面し。

自分と同じように、様々なセミナーに通い、いくつもの技術を試みている治療家が、全国にはたくさんいるんだろうな、、、。

あれこれ試してみて、ふるいにかけ、今のところ、筋膜リリースと緩消法が残ったわけですが、どちらが正しいというよりも、両方のエッセンスのいいとこ取りをすれば良いのか、と(笑)。

多くの技術を学び習得した治療家たちは、どのように技を取捨選択しているのだろう???

どの切り口から登って行っても、極めていくうちに、いずれは一つの頂に辿り着く、、、というのが真実なのかも。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

整体揉々(もも)のご案内

住      所:
〒135-0034 東京都江東区永代2-36-14 パレット永代101
アクセス:
東西線・都営大江戸線 門前仲町駅 3番出口より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
03-6755-7944
受付時間:
10:00~21:00
定休日:
水曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ